カメイ・星野英正ジュニアゴルフ教室vol.6 将来のオリンピック選手誕生なるか!?プロの的確な指導で、楽しくゴルフを学ぼう!

カメイ・星野英正ジュニアゴルフ教室vol.6 将来のオリンピック選手誕生なるか!?プロの的確な指導で、楽しくゴルフを学ぼう!

第6回目を迎える「カメイ・星野英正ジュニアゴルフ教室」。数週間前の大雪の影響で、まだ雪の残る宮城ゴルフガーデンに、小学校低学年から高校生までのジュニアゴルファー計38人が集合。


星野英正プロをはじめ、ティーチングプロから直接指導してもらえる絶好の機会に、子供たちも親御さんたちも気合十分。


午前の部は、初心者を中心に。そして午後の部は、中級者を中心に集まりましたが、さて、今年はいったい、どんなレッスンが行われたのでしょうか?


レッスン前にしっかり体をあたためよう!ウォーミングアップのストレッチ

午前の部は、初心者を中心に、小学生の子供たちが18人集まりました。星野プロは「今日は僕を含め、4人のプロがみなさんの指導にあたります。ゴルフを楽しいと思ってほしいし、続けるならば上手くなってほしいので、一人ひとりをきちんと指導します」と。さらに紳士のスポーツといわれるだけあって、「先生に指導を受けるときには必ず“よろしくお願いします”、終わったら“ありがとうございます”と挨拶をしましょう」と、指導してくれました。


受け付け後、各々ウォームアップをすませていた参加者のみなさんが、それぞれ打席に入ります。まったくの初心者で、練習場に来るのも初めてという子には、握り方から指導します。「クラブを握った手の裏側を見てごらん。隙間がないようにするんだよ」と、星野プロ。「空振りしてもオーケー。スピードを落とさないように最後までクラブを振ってごらん」。すると、それまで空振りばかりだったのが、きちんとボールに当たるように。打数を重ねていくうちに、ポーンときれいな曲線を描くまでになりました。

 

何度かゴルフに挑戦したことのある子は、フォームをチェック。腰の位置と胸の位置、そしてスイングの際に頭がぶれないか一つひとつ確認していきます。「体をねじるんだよ。手だけじゃなくて、体も一緒に動かして。ねじった体を元に戻して、目はボールを見たままにしてごらん」。すると、ショットが力強くなった子もいれば、右方向にばかりボールが飛んでいた子は、真っ直ぐ飛ぶようになりました。さらに、ジュニア大会に出場しているという10歳の女の子は、星野プロの的確なアドバイスで、125ヤードを軽々と越えるショットを連発。これには星野プロも「上手いねぇ。びっくりしたよ」と感心することしきりでした。

参加者インタビュー

子供さん

今回は、アプローチのやり方を教えてもらって、楽しかったです。コースに出ていいスコアが出るように、がんばりたいと思います。夢は、薬剤師もできるプロゴルファーになることです!

 

親御さん

この子たちの父親と祖父母がゴルフが好きなので、小さいときからコースに連れて行っていました。ゴルフを始めてから、自分を客観視すること、プレッシャーに打ち勝つ強い精神力が培われてきているように感じます。今日はプロの方に教えていただくいい機会になりました。

参加者インタビュー

子供さん

いつもは家でゲームをしているので、運動はあまりしません。でも、今日は、プロの人に教えてもらえてとても楽しかったです。

 

親御さん

今日は、まったくの初心者として参加させていただきましたが、指導が的確だったため、少しの時間でできるようになったのが驚きです。私自身、25年以上ゴルフをしていて、たくさんの仲間ができました。息子にもスポーツを通して、たくさんのコミュニケーションを経験してほしいです。

参加者インタビュー

子供さん

前にもたくさん教えてもらいましたが、今回もアドバイスをもらいました。教えてもらった通りにやったら、いっぱい飛んで行ったので、びっくりしました。たくさん練習してもっと上手くなりたいです。

 

親御さん

去年も参加させていただきました。あれから1,2回しか練習場に連れて行ってあげていないのですが、今回も丁寧に教えていただいてありがたかったです。どんなスポーツでも、体幹やバランスが重要だと思いますので、今日教えていただいたことは、ゴルフに限らず将来役に立つと思います。



クセのない自分らしいスイングを身に付けよう!ドライバー&アイアンレッスン

午後の部は、中級者から、全国レベルの東北高校ゴルフ部のメンバーまで、20名が参加しました。中級者以上ということもあって、練習はスイングとパッティングのレッスンに分かれます。星野プロは、ドライバー、アイアンのレッスンを、ほかのティーチングプロたちは、グループごとに交代で室内のパッドのレッスンを行います。


星野プロは、参加者一人ひとりのフォームを丁寧にチェックしていきます。「足指の付け根に力を入れて。そうすると、腰に力が入るよ」とアドバイスをしたり、「ミスをしてもいいから、大きく振って!」と叱咤激励したり。東北高校ゴルフ部に所属する学生は「ドライバーがオーバースイング気味になるので、それを抑えたい」と話すと、星野プロは意外にも「それはそのままでいい」と。「それよりも、スタンスに気をつけて。足を広げて、重い物を持つイメージで」と、とても分かりやすい言葉で指導していきます。


一方、パターの練習では壁を背にして、上体を折って下半身を動かさずにスイングする練習をします。「パターは、ボールの転がりをしっかり見ないとだめですよ」とは、神保ティーチングプロ。後藤ティーチングプロと池田ティーチングプロは、それぞれ1人2打でカップインを目指す、ちょっとしたゲームも行いました。


参加者インタビュー

子供さん

今回は、同じ振り幅なのに、飛距離が変わってしまうのはなぜか?という質問に答えてもらうことができました。ほかの先生たちよりもアドバイスが具体的でとても分かりやすかったです。

 

親御さん

小学校3年生から始めて、打ちっぱなしなどで練習してきました。最初は遊び半分だったようですが、今では真剣に取り組んでいます。ゴルフを始めてから、自分自身でなぜ失敗したのか?何が悪かったのか?という、原因究明と、それを直そうとすることができるようになりましたね。今後も継続的に参加できたらと思います。

参加者インタビュー

東北高校ゴルフ部のみなさん

今回、参加した3人全員がプロを目指しています。これまでもティーチングプロに教えていただくことは数多くありましたが、ツアープロに教えていただくのはめったにないことなので、いい刺激になったと思います。具体的な指導内容はとても参考になりました。星野さんは「プロの世界は厳しい」と言っていたのが印象的でした。

 


力まず集中、安定したスタンスを目指そう!パッティングレッスン

楽しかった2時間のレッスンは、あっという間に終了。親御さんたちも、お子さんたちが星野プロに指導してもらっている姿を写真やビデオに収めたり、とても熱心だったのが印象的でした。

閉会式では星野プロが、「この中でプロを目指している人?」と聞くと、なんと半数以上の参加者が手を挙げます。「プロの世界は、甘くないぞ!」と笑いながらも、「みなさんご存じのように、ゴルフはオリンピック種目になりました。この冬、ソチオリンピックで羽生(結弦)くんが金メダルを取って地元を盛り上げてくれたように、きっとこの中からそういう選手が生まれるかもしれません。プロを目指していく子には、プロの世界の話もしてあげたいので、これからもこういうレッスンを続けていけたらいいなと思います。これからもゴルフを楽しんでください。また会いましょう!」と話してくれました。


レッスン終了後は参加者が列になり、星野プロにサインを求めていました。今日、初めてゴルフクラブを握ってボールを打てた子も、プロへの思いを新たにした子も、それぞれが、貴重な経験と大切な思い出を持ちかえった1日となりました。


2016年から、オリンピック競技となるゴルフ。もしかしたら、東京オリンピックでは、この中から本当にメダリストが誕生しているかもしれませんね。


午前の部に参加してくれた皆さん


午後の部に参加してくれた皆さん

神保芳人ティーチングプロ

神保芳人ティーチングプロ

初回からお手伝いさせていただいていますが、毎年毎年参加する子供たちが上手くなっている気がします。ゴルフは個人競技ですから、なんでも自分でしなくちゃいけない。だから、小さいときから始めることで、なんでも自分でできる子になりますよ。それに、精神力も鍛えられるので、お子さんには最適のスポーツではないでしょうか。

池田早苗ティーチングプロ

池田早苗ティーチングプロ

今回の子供たちの印象は、のみ込みが早いということ。クラブを握るのも初めて…という子もいましたが、あっという間にできるようになってしまいました。ゴルフは、特別なスポーツだという印象をお持ちの方もいるかもしれませんが、ぜひ、野球やサッカーのように気軽に始めてほしいです。私もそのお手伝いができればと思っています。

後藤美希子ティーチングプロ

後藤美希子ティーチングプロ

ゴルフは、生活していく中でのマナーや道徳心などを育ててくれるスポーツです。教育的観点から見ても、小さいうちから始めるのは、とてもいいことだと思いますよ。オリンピックの正式種目になったことで、これからどんどん感心も高まっていくことでしょう。子供たちが気軽に始められる環境を作るのも、私たちの使命だと思います。

1 / 2

星野英正プロインタビューへ

next

関連リンク一覧

快適なカーライフを ガソリンスタンド
灯油宅配サービス ザほっとライン
安心のメディカルサービス カメイ調剤薬局
信頼のベストパートナーを保険商品のご案内
コレクション&イベント情報 カメイ記念展示館
カテゴリ
暮らし
食べる
健康
クルマ

協賛一覧