今年で4年目!恒例のカメイ親子ふれあい野球教室は今年も大盛況!

今年もプロの指導のもと 親子で楽しく思い出作り!!

今年もプロの指導の元親子で楽しく思い出作り!!

  今年は8月14日(土)に行われた「カメイ親子ふれあい野球教室」。 4年目となったこのイベントは今年も大盛況!たくさんの方から
御応募いただきました。 選ばれた50組の親子は、プロの指導のもとで汗を流し、普段とは違う親子のふれあいを存分に楽しんでいました。



待ちに待った野球教室。受付を済ませ、さぁいよいよ開会式です!

カメイ親子ふれあい野球教室1

受付開始前から待ちきれない親子が
長蛇の列をなしていました。
今年もDJ古田さんの司会でいよいよ開会式です!

 当日は雨天にも関らず、待ちきれない様子の参加親子が受付開始前から長蛇の列を作っていました。

受付が始まり、各々意気揚々とKスタ室内練習場に入場していきました。 みなさん、それぞれ軽く身体を動かしたりして開始に備えている中、 去年同様楽天イーグルススタジアムDJの古田優児さんが登場。 「カメイ親子ふれあい野球教室のスタートです!!」という言葉と共にいよいよ野球教室が始まりました!
今年は、楽天イーグルスのジュニアコーチである、今関勝さん、益田大介さん、 中濱裕之さんの3人に指導していただきました。

運動不足の方、少しだけツライかも!! 無理しないで!

カメイ親子ふれあい野球教室2-1

準備運動をしっかりしないとケガに繋がるので、
よく身体を伸ばします。

カメイ親子ふれあい野球教室2-2

野球は基本が重要!プロの選手もしっかりとやっているトレーニングは結構キツイ!

 練習を始める前はケガをしない様にウォーミングアップ。
担当は益田ジュニアコーチです。

参加者同士ぶつからないように広がり、準備体操を始めました。
慣れない運動をして苦笑いのお父さんやお母さんも、お子様と一緒に一生懸命身体を伸ばしています。

益田コーチの「もっと大きい声で!」という言葉を受けて、子供達は「イーチ!ニーイ!サーン!シーイ!…」 と、一段と大きな声を出 しながら準備運動していました。




インタビュー03

太白区からお越しの親子

 父親 : すでに疲れました。
       今日は2人で楽しめればと思っています。

インタビュー04

仙台市からお越しの親子

 子供 : ウォーミングアップは簡単でした。
      今日はいつも通りに頑張ってやっていきたいと思います。

コーチの前で自慢のスウィングをしよう!思いきってスウィング!

カメイ親子ふれあい野球教室3-1

「ボールが当たる瞬間をしっかり見てスイングしましょう」。 仲濱コーチのアドバイスに皆真剣です。

カメイ親子ふれあい野球教室3-2

       教わった事をすぐに実践!
       思い切りスイング!

カメイ親子ふれあい野球教室3-3

       親子で習った事を復習です。
       もっとバットを引いて、
       ボールを見なきゃね!

 今年は3班に分かれて練習に入りました。
バッティング、ピッチング、守備の練習をそれぞれローテーションで回ります。

まずはバッティング練習。
今年もバッティングは仲濱コーチに指導して頂きました。
熱心な仲濱コーチの指導にみなさん釘づけになっていました。
「ボールが当たる所をしっかり見るように!」 「打ち終わった後はおへそが前に向くように。」 バッティングのフォームを丁寧に指導してくれていました。
コーチを囲んで見入る参加者。 見入るあまりに声が小さくなり、思わずコーチも「大丈夫ですか?」と 笑顔で一喝。
子供達は「ハイッ!」と大きな声で返事をしていました。

そして、いよいよ親子交互にバッティング練習開始。 最初は子供達からです。 スタンドを使ったバッティング練習はきちんと水平にスイングしないと 良い打球になりません。
コーチに教わった事を試そうと、皆真剣にバットを振っていました。

「身体が開いているので開かない様に!」 仲濱コーチは一組一組見て回り、フォームのアドバイスをしていました。
そんな中、子供に直接指導するお父さんもいらっしゃいました。
その熱の入りようは、コーチを上回る勢いでした。

次にお父さんお母さんのバッティング練習。 皆さん鋭いスイングで
快音を響かせていました。 「腕を大きく引いてスイングして下さい。
小さくならないように!」 「当たる所をしっかり見る事!」 コーチの
アドバイスに大きくうなずく親子の姿も見受けられました。

「楽しいですか!!?」コーチの大声にみなさん「ハイッ!」と
元気よく答えて いました。

インタビュー05

白石市からお越しの親子

子供 : 難しかったけど、コーチに教えて貰っても
      上手く出来なかったけど、とても楽しかったです。

父親 : 子供達が一生懸命やっているのを見て、
       良い思い出になればよいなと思いました。

インタビュー06

福島市からお越しの親子

子供 : バッティングが上手くなれてよかったです。

父親 : バッティングが弱点なので、今日の良い指導を
       参考に打てるようになれば嬉しいです。

おもいっきりバットを振ろう!  空振りなんか気にしない!

カメイ親子ふれあい野球教室4-1

身体を開かずにしっかりと前を見て投げよう!
益田コーチが一人一人丁寧に指導に当たっていました。

カメイ親子ふれあい野球教室4-2

ボールの握り方はこうかな?
コーチから教えて貰った事を親子で確認です。

 ピッチング練習は益田コーチによる講義でした。
ボールの握り方から投げ方へ、投球の基礎となる部分を 事細かに分かり易く指導して下さいました。
「足を上げたら、バッターを左目で見る。」 「両目で見ると身体が開いてしまいます。」 「つま先、肩、グローブをまっすぐバッターに向ける!」 「軸足のかかととつま先の間に反対の足をステップする」と、投球の流れに沿ってアドバイス。

参加親子は聞き逃さない様に真剣に耳を傾けていました。
そして、「投げ終わったら棒立ちにならないで構えて準備しておく。」 「ボールを取る時は、グローブをしっかりと開いてボールを取るように。」 といった投球後のポイントの指導もありました。

その後、親子でそれぞれキャッチボールです。 今習った事を参考にみなさん一生懸命練習していました。 親子で向かいあってのキャッチボール。 お互いどこか照れくさそうではありましたが、笑顔が絶えない とても楽しそうなキャッチボールでした。

そんな中、益田コーチが一組ずつ回り、丁寧に投球、捕球の指導をしていました。 「基本に忠実にやればもっともっと良いフォームになっていいボールが投げられるようになります。」「けがの防止にもなるので、しっかりとやって下さい。」
また、「ボールを取る時は生卵を取る様に優しく取ってください。」 「何度も言いますが身体が開き過ぎないように、開き過ぎている方が多いのでかかととつま先の間に足がくるように!」と、
何度も何度も益田コーチのアドバイスがありました。

インタビュー07

仙台市からお越しの親子

子供 : うまくなったと思いました。

母親 : 見るのとやるのでは全く違うので、
       いい経験になりました。

インタビュー08

仙台市からお越しの親子

子供 : フォームが良く分かって、コントロールが
      ちょっと良くなったと思いました。

父親 : ボールの握り方一つで指の引っかかり具合が
      違う様な感じがしてとてもよかったと思います。

野球教室のメインイベント!  さぁ、今年の優勝者は?

カメイ親子ふれあい野球教室5

今関コーチと共に楽しく守備練習。楽しみながら守備の基本練習になるんです。

カメイ親子ふれあい野球教室5-2

やってみると意外と難しい。重要なのは、頭でイメージする事。慣れてくるとできるようになりました。

 大きな声の今関コーチの指導のもと、守備の練習が始まりました。 最初はカラーボールを使って親子で遊びながらの守備練習。

次にボールを上に投げてワンバウンドで取る練習です。
「ワンバウンドしてから取る!」今関コーチの声が練習場に
響き渡ります。 みなさんそれぞれのペースで楽しみながら、
そして真剣に練習していました。 ワンバウンドが終わると次に
ツーバウンドを取る練習です。
基本的な練習ですが、今関コーチは一つひとつの練習を丁寧に解説しながら 熱心に指導していました。
「うまい!うまい!」「おしい!」参加者それぞれの動きに声がかけられます。

今度は親子向かい合っての守備練習です。 お父さんお母さんがお子さんに向かってゴロを投げ、お子さんはそれを取って 投げ返します。 投げ返したボールが後ろにそれたり、届かなかったり、その都度参加者の笑いが出るような微笑ましい練習でした。
練習が進むにつれ皆さん徐々に慣れてきて、 「上手!上手!」「その調子!」「良いぞー!」 という今関コーチの声が多くなってきました。

「ボールを取って右足、左足で投げる!」というコーチの言葉と共に、 皆一斉にボールを取ってすぐ投げる練習に入りました。 両足がでてしまったり、左、右と足がでてしまったりと 最初は戸惑っていた子供達ですが、徐々にコーチの言った通りの 動きになっていきました。
お父さん、お母さんも思わず拍手していました。 「遊んでいるようで、色々な練習になっているんです!」 「こうやって遊びながら、楽しんで練習していくうちに上手になっていきます。」 「みんなうまくなるように頑張って下さい!」と最後は今関コーチの大きな声で守備練習が終了しました。

インタビュー09

富谷町からお越しの親子

子供 : 楽しかったです。

父親 : 基本的な動作を教えてもらって
      大変為になりました。

インタビュー10

埼玉からお越しの親子

子供 : 少しきつかったけど楽しかったです。

父親 : 遊びながら練習になっていたと後で聞いて
      おもしろいなと思いました。

本当に楽しかったね。 みなさんお疲れさまでした。


カメイ親子ふれあい野球教室6

プロの投球に圧倒されました。さすがに球速が違いますね。


  カメイ親子ふれあい野球教室6

 コーチのデモンストレーションの前にまずは参加者が投球しました。  参加者全員がマウンドに集まり、まずは子供から、計3人投球しました。  一投一投スピードガンでコーチが図ってくれます。  「59キロ!」「43キロ!」「ナイスボール」コーチの声が響き渡ります。
   次に大人の番。大人も計3人が投球しました。  まずはお母さんの投球です。「うまい!うまい!」とコーチ。  大人も懸命に投げていました。

 そして、いよいよ今関コーチによる投球のデモンストレーションです。  みなさんプロの投球を見れると目を輝かせていました。
 
 みなさんがマウンド付近に座り、コーチにくぎ付けの中、一投目。  ズバン!と速球がキャッチャーミットに吸い込まれます。  さすがプロの投球です。 「次カーブ行きます。」  プロの投げるカーブボール。「次にシュート行きます。」

 次々に投げ込まれるプロの球にみなさん大きな拍手を送っていました。  「次スライダー!」さすがにプロの投球は目を見張るものがあります。 「ラスト2球!」といって渾身の2球が投げ込まれると、  先程よりも大きな拍手がコーチに送られていました。





カメイ親子ふれあい野球教室6

益田コーチと仲濱コーチのジャストミートに皆さん見とれてしまいました。


カメイ親子ふれあい野球教室6

先程のスピードガン同様、まずは参加者によるトスバッティングが
行われました。  打ちたい人!とDJの古田優児さんが言うと、
「ハイッ!」「ハイッ!」と子供達が一斉に手を上げ、我も我もと
バッティングに立候補していました。みなさんとても積極的でした。大人も立候補を募り、3人が選ばれ、選ばれた大人と子供3人ずつがトスバッティングです。それぞれコーチにトスして貰ったボールを思いっきり振り抜いていました。
 「ナイスバッティング!」いい当たりが出ると大歓声が起こり、
大変盛り上がっていました。

 子供の次は大人の番です。「お父さんがんばれー!」声援の中
プレッシャーを受けながら、お父さんお母さんが全力でトスバッティングしていました。  こちらもいい当たりが出ると大歓声でした。

 さてお待ちかねのプロによるトスバッティングです。まずは益田コーチによるデモンストレーション。
「カキーン!」快音を鳴らして打つ益田コーチ。飛距離も十分!さすがプロといった打球です。
 このバッティングに参加者全員見入っていました。
続いて仲濱コーチのバッティング。  「よいしょ!」と気合を入れながら、ボールをジャストミート!  物凄い飛距離のバッティングでした。

「あまり力を入れないで。」「そして毎日素振りするように。」最後に益田コーチのアドバイスがありました。 「毎日練習をする事!」「毎日続ける事で上手くなっていきます。」 「遊びでも良いから野球を続けて下さい。」仲濱コーチからもアドバイスを頂きました。


コーチの前で自慢のスウィングをしよう!思いきってスウィング!

カメイ親子ふれあい野球教室

一回の失敗も許されない生き残りノック! 皆さん緊張した面持ちでした。

 生き残りノックの時間がやってきました。
これを楽しみに来られた方も多いのではないでしょうか。
今年は大人と子供、それぞれ3組に分かれての生き残りノックと
なりました。 ミスをしたら終わりの生き残りノック。 最後まで残ったらサイン入りの賞品が贈られます。

「生き残りノックのスタートです!」 DJ古田優児さんの掛け声と共に3組一斉にスタートしました。

まずは子供達から。 コーチが打つゴロを慎重にとっています。
思わずエラーしてしまう子供。残念そうな顔で外れます。
次々に打たれるボールに子供達も気合十分です。 そしてノックはテンポよく進んでいき、 後半になるにつれて難しい打球も
増えてきました。 なんとか取り続ける子供達ですが、残りの人数はどんどん減っていきます。 そして、遂に3組の中から最後まで残った子供達3人が決定しました。

優勝者3人はそれぞれ景品を貰い、続いては大人の番です。
子供同様3組に分かれての生き残りノック。 お父さんお母さんが一生懸命ノックを受けていました。
いつもはなかなか見れないお父さんお母さんの真剣な姿に
子供達も精一杯応援していました。

コーチの前で自慢のスウィングをしよう!思いきってスウィング!

カメイ親子ふれあい野球教室3-1

楽しい時間はあっという間。コーチの言葉が胸に響きます。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまうものです。
生き残りノックが終わり、今関コーチの先導で全員で大きな声を出し、ストレッチ運動を行いました。
クールダウンの後は閉会式です。 最後にコーチから一言ずつ言葉を貰い、野球教室の締めくくりです。

その後、全員集まっての集合写真を撮り、サイン会が開催されました。 参加者はそれぞれのコーチの前に並び、サインを貰っていて 凄く楽しそう。
残りの時間でキャッチボールをする親子などもおり、皆さんこの時間を 親子のふれあいの時間として十分に満喫していた様子でした。








カメイ親子ふれあい野球教室7

皆それぞれの想いを持ちながらの記念撮影。疲れたけど、忘れられない一日になりましたね。 皆さんとてもいい笑顔でした。



インタビュー11

仙台からお越しの親子

子供 : 野球教室に参加できて楽しかったです。

父親 : なかなかこういう事がないので、親子のふれあいという
      事でこういう機会に参加させて頂き、ありがたく思って
      います。

インタビュー12

利府からお越しの親子

子供 : 楽しかったです。特にバッティング練習が楽しかったです。

父親 : 少年野球に入っていますが、普段なかなかこういう風に
      教える事も出来ないので、プロから教えて貰いとても
      いい経験でした。

インタビュー11

仙台市からお越しの親子

子供 : 基本から学べて、色々な事を教えてもらって
      良かったです。

父親 : 非常に疲れました。子供の前なので、見栄をはったら
      余計力んでしまいました。

インタビュー11

山形からお越しの親子

子供 : 楽しかったです。特にバッティング練習が楽しかったです。

父親 : 今日は山形から早朝バスできましたが、野球教室を
      心待ちにしており、とても楽しかったです。
      プロの生のプレーを見せて頂けて、子供も野球の
      奥の深さを味わったのではないかと思います。
      今日は本当にありがとうございました。




カメイ・親子ふれあい野球教室2009フォトアルバム

photoalbum photoalbum photoalbum
photoalbum photoalbum photoalbum
photoalbum photoalbum photoalbum

僕らも本当に楽しかったです。

終えての感想:
お父さんお母さんも一生懸命やってくださいましたし、子供達も楽しくやってくれたので 僕らも本当に楽しかったです。

気付いた点:
皆さん元気ですね。また、野球が本当に好きなんだなと感じました。 このように野球好きな方が多くいらっしゃると、僕たちも野球を伝えていくという事に関して、もっと一生懸命やっていかなければならないなと思いました。

今後期待する事:
野球を始めて間もない小さい子供達がどんどん増えてくれば、東北の野球のレベルも上がると思うので、 僕達も底辺を拡大できるように頑張っていきたいと思います。

今関 (いまぜき まさる)ジュニアコーチ
プロフィール:神奈川県出身。1992年ドラフト3位で日本ハムファイターズに入団。1996年にはオールスター戦に出場するなどこの年11勝をマークし活躍。その後、渡米しアメリカ独立リーグへ入団。豪快なピッチングが持ち味。『一生勉強、一生感動』を座右の銘に、子供たちに野球の素晴らしさを教えています。

鷹野 史寿(たかの ふみとし)ジュニアコーチ

日笠 雅人(ひがさ まさひと)ジュニアコーチ

将来楽天に入る子が出る事を期待しています。

終えての感想:
お父さんとお母さん、子供達と楽しくできました。良かったです。

気付いた点:
子供達もお父さんお母さんも本当に楽しくやっていたなと思いました。 普段も公園などでやってほしいと思います。

今後期待する事:
もっともっと野球を好きになって、楽天イーグルスを応援して貰って、 そんな子供達の中から楽天イーグルスに入るような選手が出る事を期待しています。

益田 大介(ますだ だいすけ)ジュニアコーチ
プロフィール:兵庫県出身。1995年にドラフト6位で中日ドラゴンズに入団。その後、近鉄バファローズで活躍し、05年の楽天イーグルス創設メンバーとなる。俊足とシェアな打撃が持ち味のアベレージヒッターとして活躍。コツコツ、一歩一歩努力することの大切さを子供たちに日々伝えながら指導にあたっております。

中濱 裕之(なかはま ひろゆき)ジュニアコーチ

とにかく野球を楽しんで欲しい。

終えての感想:
去年もカメイの野球教室に参加させてもらいましたが、やはり親子で一緒に野球を
やったりする事が、最近はなかなか公園などで見られなくなったので、 こういう企画で親子同士で野球を楽しんでいるのを見ているのが本当に楽しいです。 僕も一緒に楽しんだし、やはり親子でできる機会をもっと増やしていきたいと感じています。 技術もそうですが、なによりも楽しんで何事もやっていってほしいと思います。

気付いた点:
子供なのでもっと元気を出せば、もっと楽しんでできると思います。 恥ずかしいという性格もあるかもしれませんが、技術の前に元気を出し、 楽しんでやる事。それだけです。

今後期待する事:
元気の出し方が分からないということは僕らが教えていかなければならない部分です。子供達には とにかく楽しんでやってほしいです。

中濱 裕之(なかはま ひろゆき)ジュニアコーチ
プロフィール:宮城県出身。仙台育英高校時代は甲子園に3度出場。96年にドラフト4位で近鉄に入団。その後、巨人に移籍し、2007年から楽天イーグルスジュニアコーチ に就任。現在は、地元・東北の子供達に一人でも多く夢を実現してもらうため、一生懸命子供たちをサポートしています。

Page Top


東北楽天ゴールデンイーグルスカメイ株式会社