よくある質問

LPガスの特徴を教えてください

●空気より重い
気化したLPガスは、空気の約1.5倍の重さがあります。そのため漏れると低いところや、物陰にたまります。このことは事故を防ぐために最も注意しておかなければならない点です。
●ニオイがつけてある
LPガスそのものは無色無臭です。しかし、空気中にガスが漏れた場合、すぐにわかるように玉ねぎがくさったような、ニオイをつけてあります。ニオイの強さの基準は、LPガスが空気中に0.1%(1,000分の1)混入した場合、人間がそれを感知できることとなっています。
●一酸化炭素を含んでいない
LPガスには人体に有害な一酸化炭素は含まれていません。

災害の場合はどうすればよいですか

  1. 身の安全を確保!

    机やテーブルの下に身を隠し座布団や毛布などで頭部を保護します。
    身の安全を最優先しましょう。

  2. 揺れがおさまったら火をとめて、ガス栓を閉めてください

    地震がおさまったら火を止めて、ガス栓・メーターガス栓を閉めましょう。
    ※震度5程度以上の揺れがあった場合、マイコンメーターの安全装置が働き自動的にガスを遮断します。

  3. ガスくさいと感じたら0570-033-070へ連絡

    ガスのにおいを感じたら、換気扇や電気のスイッチにさわらないでください!

  4. ガスを再び使用する場合は

    ガス栓、メーターガス栓を開けて器具が使用できる場合はそのままご使用ください。
    (マイコンメーターが常に安全な状態か監視しています)
    震度5以上の揺れがあった場合マイコンメーターの安全装置が働きガスを停止する場合があります。復帰方法にしたがって復帰してください。

料金の支払いはどのような手続きが必要なのでしょうか?

クレジット払いをおすすめしております。お問い合わせ頂ければ申込書は郵送でお送りいたします。また、パソコン、携帯電話からもお申込みを受け付けております。

>クレジットカード支払いのご案内はこちら

LPガスは気体ですか?それとも液体ですか?

LPガスは気体ですが圧力をかけて液体にしておりLPガス容器(ボンベ)に入っています。運搬等は液体で行われ、家庭で使用する際に気体にします。
液体にすると気体時の250分の1の体積になるため、運搬しやすいメリットがあります。LPガスは無色無臭ですが、万が一ガスが漏れた場合にわかるよう玉ねぎの腐ったような臭いを付けています。

LPガスと都市ガスの違いとは?

家庭で使用されるLPガスは、ほとんどはプロパンが主成分であるのに対して都市ガスの主成分はメタンです。LPガスは、標準熱量が都市ガスの約2倍以上高く、家庭でも強い火力をご使用になることができます。

コンロが古くなってきたので、新しいモノが欲しいのですが…

弊社担当者までお問い合わせ下さい。
お客様のライフスタイルに合わせた商品をご提案いたします。

給湯器の調子が悪いのですが、修理してもらうにはどこに連絡したらいいのか?

弊社最寄りの支店・営業所までご連絡下さい。担当者がお伺いいたします。

定期点検は必要なのでしょうか?

4年に1回の点検が法律で定められており、日程はなるべくお客様のご希望に沿えるようにいたします。なお、点検料は無料です。

Copyright(C) KAMEI CORPORATION. All Rights Reserved.

サイトポリシー