会社情報

HOME >> 会社情報 >> 沿革

沿革

明治36年
(1903年)
初代社長亀井文平、宮城県塩釜にて石油、雑貨、砂糖、洋粉等の販売業を始める。
明治41年
(1908年)
日本石油梶m現JXTGエネルギー馨と 特約販売契約を締結。石油製品の本格販売開始。
大正8年
(1919年)
酒類販売開始。
大正14年
(1925年)
宮古出張所設置。これ以降、三陸沿岸に営業所を次々と設置。 海上向け販売の基盤となる。
昭和7年
(1932年)
葛T井商店に改組。
昭和8年
(1933年)
麒麟麦酒骸現キリンビール鰍ニ特約販売契約を締結。のちに酒類販売の柱となる。
昭和11年
(1936年)
米国スタンダード・ヴァキューム石油会社[現JXTGエネルギー]と 特約販売契約を締結。
自動車および部品の販売開始。
昭和12年
(1937年)
亀井運蔵、2代目社長に就任。
東北セメント骸現太平洋セメント馨と特約販売契約を締結。 セメント類の販売を開始。
昭和24年
(1949年)
ガソリンスタンドの運営を開始。
昭和28年
(1953年)
富士運輸倉庫梶m現カメイ物流サービス梶nを設立。陸上運輸業務を開始。
昭和29年
(1954年)
大船渡輸入基地完成。石油輸入外貨割当を受け、重油直輸入開始。
昭和30年
(1955年)
日本石油瓦斯骸現ENEOSグローブ馨と特約契約を締結。プロパンガスの販売を開始。
日本ダンロップ護謨梶m現住友ゴム工業梶nと特約店契約を締結し、タイヤ販売を開始。
昭和31年
(1956年)
亀井商事梶m現カメイ商事梶nを設立。
仙台トヨペット販売梶m現仙台トヨペット梶nを設立。
昭和40年
(1965年)
本社を仙台市に移転。
昭和48年
(1973年)
貿易事業への進出、国際化への対応のため、海外法人カメイ・ショウテン・オブ・アメリカを設立。
昭和49年
(1974年)
本社ビル竣工。
昭和52年
(1977年)
保険事業部を設置。損害保険の取り扱いを開始。
昭和53年
(1978年)
亀井文蔵、3代目社長に就任。
昭和54年
(1979年)
通信機器販売課を設置。情報機器の販売を開始。
昭和57年
(1982年)
潟Jメイスポーツ[現カメイ・プロアクト梶nを設立。
昭和60年
(1985年)
CI(コーポレート・アイデンティティー)の導入実施。
社名を葛T井商店からカメイ鰍ノ変更。
コンピュータ・オンラインネットワーク(K-NET)稼働開始。
昭和61年
(1986年)
東京証券取引所第二部上場。
昭和63年
(1988年)
東京証券取引所第一部上場。
平成元年
(1989年)
カメイオート梶Aカメイオート北海道鰍設立。
グリーンマート・カメイ鰍設立。
平成5年
(1993年)
創業90周年を迎える。亀井昭伍、4代目社長に就任。
平成6年
(1994年)
カメイ商事鰍ノ旅行事業部(カメイトラベル)を設置。
平成11年
(1999年)
全国カメイ特約販売店会を設立。
山形トヨペット鰍フ株式を取得。
平成12年
(2000年)
ファーマシー事業課を設置。調剤薬局事業を開始。
平成15年
(2003年)
創業100周年を迎える。
現社長亀井文行、5代目社長に就任。
平成17年
(2005年)
東北ガス鰍フ株式を取得。都市ガス事業を開始。
平成19年
(2007年)
サンプラザ鰍フ株式を取得。
Santouka Kamei Singapore Pte. Ltd.を設立。
平成20年
(2008年)
潟Iーシマ[現潟Iーシマ小野商事]の株式を取得。
樺r光エンタープライズの株式を取得。
栃木液化ガス鰍フ株式を取得。
鰹ャ野商事[現潟Iーシマ小野商事]の株式を取得。
ミツモト商事鰍フ株式を取得。
渇涛。薬局の株式を取得。
平成21年
(2009年)
ウイングエース鰍フ株式を取得。
Santouka Kamei Canada Foods Ltd.を設立。
鰍ワろんの株式を取得。
平成22年
(2010年)
組織改革。エネルギー本部燃料部、住環境部、オフィスサポート事業部、ファイナンシャル事業部を廃止し、法人営業部、ホーム事業部、建設資材部を新設。エネルギー本部サービス・ステーション部をカーライフ事業部に改称。
叶戸薬局の株式を取得。
三興メイビス鰍フ株式を取得。
株口米穀の株式を取得。
潟買Bントナーズの株式を取得。
平成23年
(2011年)
沖縄オフィスを設置。
潟Aイムの株式を取得。
アグリ鰍設立。
Imei (Exim) Pte. Ltd.の株式を取得。
平成24年
(2012年)
KCセントラル貿易鰍設立。
潟tィットネスプロモーションの株式を取得。
Wanoba Group Inc.[現Kamei North America Co., Ltd.]およびエービス・グループ骸現KCセントラル貿易馨の株式を取得。
平成25年
(2013年)
創業110周年を迎える。
汲りす薬局[現鰍りす薬局]の株式を取得。
潟Iアシーズの株式を取得。
大規模太陽光(メガソーラー)発電事業を開始。
エムシーエス鰍フ株式を取得。
平成26年
(2014年)
新基幹システム稼働開始。
平成27年
(2015年)
Lee Huat Yap Kee Pte. Ltd.および同社グループ会社3社(LHYK Marine Pte. Ltd.、Translub Marine Pte. Ltd.、Lee Huat Yap Kee & Co. Pte. Ltd.)の株式を取得。
仙台うみの杜水族館開業。(三井物産梶Aカメイ、渇。浜八景島、潟アテック、渇ヘ北新報社、叶蜻芬O越ならびにMINTO機構による共同出資事業)
平成28年
(2016年)
潟Gイエム・ファーマシーの株式を取得。
仙台市体育館のネーミングライツ(命名権)を取得。
(名称:カメイアリーナ仙台)
平成29年
(2017年)
サンエイト貿易鰍フ株式を取得。
潟Rダマおよび泣Aンジェリーナ[現潟Aンジェリーナ]の株式を取得。

ページの先頭へ